YUKUTA YUSUKE

YUKUTA YUSUKE

LIVE SCHEDULE

一覧へ

PROFILE

YUSUKE YUKUTA

行田雄介(yusuke yukuta)

シンガーソングライター。
農薬を使わない手入れ専門の植木屋さん「おひさまえん」を自営。
広島出身。

2010年より、日本を代表するアフロビートバンド「JariBu Afrobeat Arkestra」にギタリストとして加入。

2015年、ソロ活動開始。
同年、NATURE BLISS より、1st Solo Album「mother shape」をリリース。欧州はドイツ、オランダ、イタリアの音楽誌やウェブジンで紹介され、南米はアルゼンチン、チリのラジオ番組、音楽誌等で紹介されるなど国外で高い評価を得る。

2016年より、アフリカや南米音楽などのリズムと日本語ポップス、ロックを融合させたスリーピースバンド 、the sun(行田雄介、荒井康太(dr)、tatsu(bass)を結成。三曲入ミニアルバム「the three mountains」(2016)、七曲入フルアルバム「太陽と3つの山」(2018)の二作品をリリース。

2020年、ゲストにパーカッショニストの小林ムツミ(民謡クルセイダーズ/MUMBIA Y SUS CANDELOSOS)を迎え、新作を録音。2021年リリース予定。

自然好き、植物好きが高じて、農薬を使わない手入れ専門の植木屋さん「おひさまえん」を自営。

本と音楽と自然を愛している。

the sun

- the sun-

行田雄介(vo,gt)、荒井康太(drums)、tatsu(bass)の三人によるハイブリッドポップユニット。

日本語が持つ独特なニュアンスでドリーミーに広がる異世界を表現し、自身のソロアルバムがヨーロッパや南米などで高い評価を受けるシンガー行田雄介。
青ヶ島出身で島の伝統太鼓の名手であると同時に、東アジアやアフリカのトラディショナルリズムをも吸収し、変幻自在なリズムで時を刻む荒井康太。
レピッシュのべーシストとして日本のスカパンク創世記を担い、現在ではジャンルを超えた独自のアーティスティックなスタイルで様々なバンドに参加、プロデューサーとしても活躍するtatsu。
3人の音が出会ったとき、無国籍で住所不定、ジャンル分けできない新感覚のポップミュージックが生まれる。

2016年 結成まもなく、アフリカンポップスの名盤 SalIf Keita「Soro」(1987)のドラム/プロデュースを担当したリズムマエストロ”Brice Wassy”氏と共演。同年1st mini album『the three mountains』を発表。2019年新音源をリリース予定。

MEDIA

BLOG

一覧へ

CONTACT

出演、取材等のご依頼はこちらのフォームよりお願いいたします。

Page Top